慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 題名変更『<業界分析>組織の経済学』(中央経済社) | トップページ | 若い研究者へ »

2006年7月20日 (木)

試験で驚いたこと

 いま、どの大学も前期試験の最中である。

大学の試験といえば、いくつかおもしろい経験があるので、それを紹介してみたい。

エピソード1

 大学では、自分の担当している科目の試験の監督を行うのが常識である。私の試験は、どれも論述式で、暗記ものはない。このことを事前に講義で話すことがほとんどだ。そして、条件は指定の教科書・参考書と自筆のノート持込可にしている。言い方を換えれば、コピーは不可だ。

 こうした条件のもと、試験中に恐ろしく真面目な学生にであったことがある。試験監督として見回りをしていると、ある学生がレポートのような紙の束をもっているのだ。聞いてみると、自分で予想問題を設定し、それに対して自分で回答集を作ったそうだ。そして、試験本番で、それを写すという作戦らしい。

私はその努力と真面目さに感動した。こんな学生には、ぜひAを与えたいと思った。

 しかし、残念なことが起った。何と、彼は時間切れで、3問中2問しか自分の作った回答案をテスト用紙に写しきれなかったのだ。満点どころか、はじめから3分の2だから、最高点が60点になり、落ちそうな状態だ。作戦ミス。何て、ダサいやつだ。ガックリ。

しかし、神は彼を見放さず、彼はいまは偉くなっている。よかった。よかった。

エピソード2

 試験中に、ときどきトイレに行きたいという学生がおり、手をあげることがある。そんなときは、試験監督がトイレまでついて行くものだ。しかし、私がであった学生は、試験終了5分前に手をあげて、トイレに行きたいという学生だった。答案用紙をみると、まだ書き残しがある。

 私「君、これでトイレにいったら、終わるよ」

 学生「ハイ、行かせてください」

といって、トイレにいった。

予想通り、彼がトイレからかえってきたとき、試験は終了していた。そして、彼は未完のまま答案用紙を提出せざるをえなかった。その結果は分からない。

エピソード3

 ときどき、試験が終わった後、すぐに私を捕まえて、レポートでもなんでもやりますから、もう一度チャンスをくださいと、体育会系の学生が頼んでくることがよくある。私はそれを無視することにしている。

 しかし、そのような学生で一人気になる学生がいたので、採点中に、気にしながら採点した。しかし、意外に点は良かった。良かったなあとおもいつつ、今度は成績表に結果を付けようとしたら、その学生の名前がない。

 彼は別の先生の講義と間違えてテストを受けていたのだ。多分、菊●先生と。なんて疲れるやつだ。後は知らない。もう二度と学生の意見は聞かないことにする!!!

« 題名変更『<業界分析>組織の経済学』(中央経済社) | トップページ | 若い研究者へ »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試験で驚いたこと:

« 題名変更『<業界分析>組織の経済学』(中央経済社) | トップページ | 若い研究者へ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30