慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 試験で驚いたこと | トップページ | 試験の採点 »

2006年7月31日 (月)

若い研究者へ

 昨日で前期に予定されていた学会報告はすべて終了した。

 今年は、すでに研究報告を3回行った。第一回目は、エージェンシー理論によってコーポレート・ガバナンスを分析するもの(学会全体を対象とする統一論題での発表)、第二回目は取引コスト理論と行動経済学を統合する「行動取引コストモデル」をリーダーの行動に応用したもの(慶応学内で)、そして三回目はエージェンシー理論と行動経済学を統合した「行動エージェンシー理論」をコーポレート・ガバナンスに応用したもの(学会全体を対象とする統一論題での発表)であった。

 いずれも最新の研究分野だったと自負している。とくに、後の2回はまさに、最先端の研究であり、特に若い研究者の関心は高かったように思う。

 私も年をとってしまって、学会などは形式とか、お祭りだとか、思っていたが、今回の発表を通して、そうでもないような気がしてきた。やはり、こちらが最新の研究を発表すれば、とくに若い研究者は反応してくれるような気がした。学会が盛り上がるかどうかは、やはり発表内容にあるいは発表者にかかっているのかもしれない。

 最近は、われわれ経営学者はおもしろい研究をしないので、学会で実務家の偉い社長を呼んで発表してもらう風潮があるが、この路線は自分たちの首を絞めることになるように思う。われわれ学者は、実務家とは異なるのだという気概が必要だと思う。

 特に、私は傲慢なので、社会人大学院で社会人に教えてみてやはりわわれわの方が上だなと思った。社会人の知識はバラバラだし、もっている知識も泥臭いのだ。知識の体系性など理解していないし、言語に階層性(対象言語とメタ言語、日常言語と理論言語)があることもわかっていない。知識にも、美しさや品があるのだ。

 この実務家(社会人大学院生)の知識とアカデミックな知識を融合して出来上がったのが、9月初旬に出版される予定の以下の本なので、ぜひ買って読んでいただきたい。

 『<業界分析>組織の経済学ー新制度派経済学の応用』中央経済社 2800円ぐらい

 私も、実務家に負けないように、このまま新制度派経済学と行動経済学の統合研究を進めて行くので、どうか若い研究者の方々も、実務家に負けないように、頑張ってアカデミックな研究を続けてほしいと祈るだけである。

« 試験で驚いたこと | トップページ | 試験の採点 »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若い研究者へ:

« 試験で驚いたこと | トップページ | 試験の採点 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30