慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 経営学者って何? | トップページ | ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 »

2006年4月 5日 (水)

入ゼミをめぐるエージェンシー問題

 慶応大学商学部の入ゼミ試験が終わったにもかかわらず、その後も入ゼミ希望者がいたりして、驚くとともに、肉体的にも精神的に非常に疲れている。

 今回、初めての入ゼミ試験に臨んだため、全く情報が入手できず、(しかも、当時、正確にいえば、いまだ他大学に所属していたこともあり)私はエージェンシー問題にさらされた。

 組織の経済学を構成する重要な理論の一つであるエージェンシー理論とは、人間と人間との取引を、依頼人(プリンシパル)と代理人(エージェント)の関係で分析しようとするものである。

 依頼人と代理人の利害は異なり、互いに情報も非対称的で、依頼人が代理人についての情報が不完全ならば、代理人は依頼人の不備につけ込んで、不正で非効率な行動をとる。これがエージェンシー問題だ。

 このような問題にさらされないために、来年は非常に厳しくのぞみたいという気持ちに傾いている。とにかく、今年はまずは20人ではじめたいので、みなさん、もうこれ以上、ご遠慮、お願いしたい。

 とにかく疲れた。現20人もあくまで暫定的なメンバーなので、入ゼミ後、エージェンシー問題、モラルハザードを起こさないように、7月まで厳しくいきたいと思っています。

 

« 経営学者って何? | トップページ | ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入ゼミをめぐるエージェンシー問題:

« 経営学者って何? | トップページ | ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31