慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 軍隊のケーススタディと不思議な反応 | トップページ | 入ゼミをめぐるエージェンシー問題 »

2006年3月26日 (日)

経営学者って何?

 23日は、母校慶応義塾大学の卒業式だった。卒業式の日時を知っているなんて、なんて愛校心があるやつだと思ってはいけない。慶応では、卒業して25年目になると、募金させられ、その代わりに卒業式に招待されるのだ。まさに、今年は卒業後25年目だったのだ。

 しかし、あいにく、その日は経営哲学学会の部会があり、私は光栄にもキッコーマンの茂木副会長の発表のコメンテータに指名されており、卒業式には参加できなかった。

 学会は、面白かった。茂木副会長は非常にスマートな方で、さすがに話もうまく、見事にパワーポイントを使いこなされていた。内容もアカデミックで、質問も沢山でて、学会は盛り上がったし、私自身も非常にやりやすかった。

 しかし、茂木キッコーマン副会長のようなケースは実は非常に珍しいのだ。

 

 最近、経営学関係の学会では、実務家、企業人に発表してもらうケースが非常に増えている。これは、ある意味で反動なのだ。これまでの日本の経営学者はバーナードなどの学説研究が中心で、現実とはかなり乖離する傾向があったのだ。その反動ではないかと思う。あるいは、学会に人が集まらないので、集めるための手段かもしれない。

 確かに、企業の方の話は面白いし、役に立つことも多い。しかし、実務家の話は常に非常にリスキーなのだ。話がうまくない人も多くいて、学会にはなじまない発表や講演も何度かみた。つまり、学会の場が壊れてしまうのだ。

 さらに、もっと厄介なのは、企業人の発表に対しては、われわれ学者は厳しい質問はできないのだ。この点が、学者として非常にストレスのたまるところでもある。相手が学者ではないので、やはり気を使ってしまうのだ。気持ちよく話をしていただき、気持ちよく帰っていただきたい・・・・のだ。

 このように考えると、「われわれ経営学者って何?」ということになる。経営学者は何をする人たちなのか。この問いが頭をかすめることになる。

 昔、私の知り合いの経済学者からこんな皮肉を言われたことがある。「経営学者はおもしろい。日経新聞のやさしい経済学を読んでいると、経営学者は”**社の社長によれば”という言葉がやたらに多いので、企業経営者に教えてもらっているような印象を受ける。だとすれば、やはり経営学者はいらないのではないか。われわれ経済学者は、逆に企業経営者に教えてやるんだという気持ちで研究しているのに・・」

 このような時代の傾向をみていると、われわれのような中堅の経営学者がしっかりしないと、実務経験のない若い経営学研究者、特に博士課程の学生はつらいなと思う。

« 軍隊のケーススタディと不思議な反応 | トップページ | 入ゼミをめぐるエージェンシー問題 »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営学者って何?:

« 軍隊のケーススタディと不思議な反応 | トップページ | 入ゼミをめぐるエージェンシー問題 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30