慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 批判か好きかー研究の基本態度 | トップページ | 私の先生 »

2006年1月31日 (火)

ケース・スタディをめぐる疑問

 ビジネス・スクールやアカウンティング・スクールをめぐる誤解の一つとして、ケース・スタディをめぐる誤解がある。

 「米国流のビジネス・スクールといえば、ケース・スタディ」と思う人は多いだろう。しかし、米国でケース・スタディを売りにして成功しているビジネス・スクールは、実質的にはハーバード大学のビジネス・スクールだけではないだろうか。

 確かに、米国のどこのビジネス・スクールでもケース・スタディはなされているが、それがメインではないように思う。ケース・スタディはハーバードのようなトップ・マネジメント教育やゼネラル・マネジメント教育にはいいが、その他の分野ではどうだろうか。

 経済学、ファイナス、会計を重視するシカゴ大学のビジネス・スクールは、議論を引き出すケース・スタディではなく、全く逆に講義中心でアカデッミクだといわれている。そして、その他のビジネス・スクールでも、ファイナスを重視する大学は、それほどケース・スタディを重視しているわけではない。

 そもそも全米トップ20に入るようなビジネス・スクールは学生数が非常に多く、私がいったニューヨーク大学スターン・スクールなども人気の教授の講義などはほとんど大教室(階段教室)になる。そのような状態で学生と議論するケース・スタディなどは、物理的に難しいし、あまり効果的とは思わない。

 **********************************************

 もう一つ、ケース・スタディは、ただ一つの会社の事例を扱えばよいというものではない。そんなことをやってしまうと、社会人学生はかんかんになって怒ってしまう。「あたりまえの事例をだして何の意味があるのか」「そんなことを学びにここにきたわけではない」とお叱りを受けることになる。

 その通り、そんなことは、習わなくても自分でも認識し、分析できるのだ。意義のあるケース、意味のある事例は、常識を覆すような、あるいは既存の理論に反するような反証事例、アノマリー(変則事例)なのだ。

 米国のビジネス・スクールで学生が拍手をおくるのは、自分たちの予測を超えた結末、経営の常識を超えた展開、ほとんどの学生が途中までしかついていけなかったケース、既存の理論では説明できないケースなのだ。

 このようなケースを作り出すことも、探すことも非常に難しい。しかし、このようなケースは、何百の当たり前のケースをこなすよりもはるかに意味があるのだ。

 このようなことを、学生よりもこれからビジネス・スクールの教員として生きる人のほうが認識する必要があるだろう。

 幸運にも、私はこのような苦しい世界から足を洗い、アカデミックな世界に入ることになった。

ラッキー!!!!!!!

これからは、デカンショ、デカンショ(若い人は、この意味わかるだろうか?)

答え

デ=デカル●

カン=カン●

ショ=ショーペンハウ●●

« 批判か好きかー研究の基本態度 | トップページ | 私の先生 »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

デカルト、カント、ショーペンハウエル(ショーペンハウアー)がその答えですよね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケース・スタディをめぐる疑問:

« 批判か好きかー研究の基本態度 | トップページ | 私の先生 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30