慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 頭のいい人 頭の悪い人 | トップページ | ビジネススクールへの誤解 »

2005年12月18日 (日)

一流と三流の学者の差とは

  私の慶応大学での指導教授小島三郎先生は、よくこう言っておられた。「私は、二流の学者は好まない。私の考える学者は、一流か三流かでしかない。二流の学者を目指すなら、はじめから止めた方がいい。」

 結局、優れた学者の考えは、紙一重なのだ。一流の学者のアイデアは、下手をすると三流の考えになりかねない新奇なものが多い。時には、一人だけでも、常識に挑戦するものだ。

 「インサイダー取引の何が悪いのか」と挑戦したH.デムゼッツ、「LBOのどこが悪いのか」と挑戦したジェンセン。

 では、二流をめざしているのかどうか調べるにはどうしたらいいか。次の質問をすればいい。

「貴方は学者になりたいのか、教授になりたいのか」

「教授になりたい」と答える人は、大抵、二流をめざしているのだ。

残念!!!

« 頭のいい人 頭の悪い人 | トップページ | ビジネススクールへの誤解 »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一流と三流の学者の差とは:

« 頭のいい人 頭の悪い人 | トップページ | ビジネススクールへの誤解 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30