慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 学会賞受賞について | トップページ | 頭のいい人 頭の悪い人 »

2005年11月24日 (木)

金儲けの学問で何が悪い、経営学

 経営学は、これまで「金儲けの学問」という名の下に多くの人々から批判されてきた。何か卑しい学問にみられるのだ。だから、イギリスやフランスなどヨーロッパでは、経営学はそれほど発展しなかったのだ。

 このような風潮は日本でも広くいきわたっていたので、「あなたの人生の目的は?」と聞かれて、「金儲けです」などといってしまうと、軽蔑のまなざしでみられたものだ。なぜ金儲けは軽蔑されるのか。理由はいろいろあるが、やはり金儲けは人をだましてとか、不正をしてとか、権力を利用してとか・・・・何か非合法的なことと結びついたからだと思う。

 しかし、最近の状況は違うように思う。金儲けは、非常に難しいのだ。人をだまして、儲けられなくなったからだ。不正をして金儲けすることが難しくなったからだ。権力を利用しても儲からないかならだ。お金を儲けるには、能力が必要なのだ。能力のあるものがお金を沢山儲ける時代になりつつあるのだ。このことを認識する必要があるように思う。

 NHKの番組で子供同士の討論会の番組で、「将来何をしたい」という質問に、ある子供が「お金を儲けたい」といったとたんに、その子供は多くの子供から批判されていた。私は、思わず「なぜ批判するのか。お金儲けは能力がなければ難しいぞ。お金を儲けるために、自分の能力を正々堂々と発揮して何が悪い。」と心の中で叫んだ。

 さて、この同じことが、経営学者にもいえる。昔は、偉い学者ほど、売れる本など書かない。売れなくてもいい本を書く学者こそ、学者の中の学者という常識があった。しかし、時代は変りつつある。一般読者もかなり知識が豊かになった。だから、売れる本を書くのは本当に難しいのだ。学生に無理やり買わせる本よりも、一般人が喜んで買ってくれる本を書くほうがはるかに難しいのだ。これは、経営学者としてある意味で勝負なのだ。

 以上のような考えを持っているので、最近、「売れる本を書くことが目的だ」ということにしている。おかしいかな・・・・・・・

 

 

 

 

« 学会賞受賞について | トップページ | 頭のいい人 頭の悪い人 »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金儲けの学問で何が悪い、経営学:

« 学会賞受賞について | トップページ | 頭のいい人 頭の悪い人 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30