慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 意味論的矛盾 | トップページ | 金儲けの学問で何が悪い、経営学 »

2005年11月20日 (日)

学会賞受賞について

 今年、拙著『比較コーポレート・ガバナンス論』で「第1回経営学史学会賞」を頂いた。大変、ありがたい。私は、これまで学会賞というものに縁がないものと思っていた。

 この学会の全国大会が開かれる数日前に、突然、電話がかかってきて、受賞の言葉をお願いしたいという連絡を受けた。私は驚くとともに、不安になった。実は、この大会を欠席する予定で、ホテルを予約してなかったからだ。

 私は、これまで学会というものにあまり関心がなく、最近は発表する場合か、司会を頼まれるか、コメンテーターを頼まれるときしか行かないことにしていた。参加しても、私のようなアウトサイダーを知る人は少ないので、「寂しい思いをするのはいやだなあ・・・」。こんな心境だからだ。こんな不届きものに対して、他薦で賞を与えてくださった経営学史学会には、本当に、感謝したい。

 以上のような意味で、一般に学会賞は政治的に決まるものとおもっていたが、そうでもないことが、私の受賞で証明されたようだ。しかし、ほとんどの賞は、本来、偉い審査員先生のお知り合いが受賞すると思っているのは、私だけだろうか。不信、不信・・・・・・

 

« 意味論的矛盾 | トップページ | 金儲けの学問で何が悪い、経営学 »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学会賞受賞について:

« 意味論的矛盾 | トップページ | 金儲けの学問で何が悪い、経営学 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30