慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

東レ経営研究所の雑誌「経営センサー」3月号に論稿が掲載

東レ経営研究所の雑誌「経営センサー」3月号に、以下の論稿が掲載されました。これは私の最新の研究の一部です。1か月後にこのサイトで、PDFとして公開されると思います。

 

『ダイナミック・ケイパビリティ論における謎の原理―ドラッカーに学ぶオーケストレーションの意味』―

 

●経営センサー

https://cs2.toray.co.jp/news/tbr/newsrrs01.nsf/0/35AE68F9B8887D414925869A00107D40?open

ダイナミック・ケイパビリティ論の講演について

アミタグループが主催している事業創出プログラム「Cyano Project(シアノプロジェクト)」オンライン説明会でダイナミック・ケイパビリティ論について講演します。

ダイナミック・ケイパビリティの本質である「資産のオーケストレーション」に関する私の最新の解釈についてお話する予定です。

関心のある方は、ぜひ以下のサイトから参加お願いします。

-----------------------------------------

 

事業創出プログラム「Cyano Project(シアノプロジェクト)」オンライン説明会開催のご案内
サービス内容のご説明に加え、経営論「ダイナミック・ケイパビリティ」について菊澤研宗氏にご講演頂きます。
サステナビリティ推進・経営企画等のご担当の方、ぜひご参加ください!

セミナーのサイト

https://www.amita-oshiete.jp/seminar/entry/015768.php

 

2021年3月14日 (日)

組織(労働・人事)をめぐる経済学と経営学の違い

最近、新自由主義、オープン・イノベーションが流行っているので、労働市場の流動性が強調されている。そのためか、以下のような2つのことが、昔のことのように、忘れられている。

 

(1)ケインズが主張していたように、労働市場は硬直的であること。

 

(2)ウイリアムソンが主張したように、労働市場は取引コストが高いこと。

 

さらに、労働経済学は人的資源配分の効率性を追求するのであるが、それは簡単にいうと、最適な部分(専門職)の総和としての組織(Σ部分=全体)を形成することである。

 

しかし、経営学が求めている組織とは、部分の総和よりも大きい全体としての組織(Σ部分<全体)を形成することである。そのために、理念とか、エンゲイジメントとか、倫理とかいった人間的で道徳的な要素が必要となるのである。

 

 ウイリアムソンが指摘しているように、次のことを忘れてはならない。
経済学が求めるように、血液をめぐる市場を形成し、自由に取引させると、効率的であるが、経営学が求めているように、自発的に献血する利他主義的な人はいなくなり、金だけの世界が形成される。

2021年2月12日 (金)

アミタ会長・社長との対談第1回ーダイナミック・ケイパビリティ論

菊澤です。

 

アミタ会長・社長の熊野氏との対談第1回目です。
ダイナミック・ケイパビリティ論に関する私の最新の考えが掲載されています。ダイナミック・ケイパビリティ論に関心のある方は、ぜひ一読お願いします。

 

--「VUCAの時代に求められる"エコシステム経営"と新たな価値を生み出す組織能力 "ダイナミック・ケイパビリティ"」

■掲載URL https://www.amita-hd.co.jp/vision/message/20210212.html

 

210212_dthumb250xauto26399 210212_a

2021年2月 8日 (月)

暗黙知、ゲシュタルト、ダイナミック・ケイパビリティ

 ダイナミック・ケイパビリティ論を研究していると、わからないことが出てくる。これを理解するためには、暗黙知やゲシュタルト心理学の知識が必要となるように思える。さらに、これを追求していくと、ドラッカーの議論も関係してくるように思える。

 

 学問というのはいたるところで関係しているものだ。

 

 改めて、マイケル・ポランニーの「暗黙知の次元」を読んでいる。内容がかなり難解である。しかし、これを突破すると、ダイナミック・ケイパビリティ論をめぐる謎も解ける可能性がある。

 

 

2021年2月 5日 (金)

日経ビジネスでのダイナミック・ケイパビリティの連載第5回 最終回 コーポレート・ガバナンス

日経ビジネスでのダイナミック・ケイパビリティの連載の最終回 第5回

コーポレート・ガバナンスに関して、日本ではエージェンシー理論にもとづいて社外取締役が重視されているが、ダイナミック・ケイパビリティ論の観点からは社内重役が重視されることを説明しました。エージェンシー理論とダイナミック・ケイパビリティ論の関係について、ぜひ一読お願いします。

 

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00133/020100005/

P3

2021年2月 3日 (水)

学問の連結性への驚き

 コロナ禍でずっと家に巣ごもりしていたので、いろんな本が読めた。若い時に、K.R.ポパーに心酔しすぎたために、許容力がなく、他の学派がすべて敵に見えた。そのため、他の学派の研究書を読む機会を失った。そして、今になって読むことになってしまった。

  たとえば、フランクフルト学派のホルクハイマーやアドルノ。2人はすごい、本当に勉強になる。さらに、ポパーの「歴史主義の貧困」で気になっていた2つの「全体」についても読みなおした。さらに、ドラッカーの50年代の著作。そして、今はやりのダイナミック・ケイパビリティ論など。

 これらは、全然異なる分野の人たちであり、まったく関係ないと思っていたが、実は共通点がある。ゲシュタルト心理学である。ということで、ゲシュタルト心理学についても研究してみたところ、驚いた。クーンのパラダイム論、ポラニーの暗黙知、ホルクハイマーのカント論、ポパーの全体論、ドラッカーのポストモダン、ダイナミック・ケイパビリティ論が連結してきたのである。

 こういったことが、学問のおもしろさである。

 

 

2021年1月31日 (日)

4月 慶應丸ノ内キャンパスで、ダイナミック・ケイパビリティ論の講座の開講

2021年4月中頃から、慶應義塾大学丸ノ内キャンパスで、ダイナミック・ケイパビリティ論の講座を担当します。関心ある人はぜひご参加ください。教室とZoomのハイブリッドになります。

 

http://www.sekigaku-agora.net/c/2021/kk2021a.html?_ga=2.37799459.1645062540.1612097393-913673237.1561539324

 

Photo_20210131215801

2021年1月29日 (金)

日経ビジネスの連載 第4回 ダイナミック・ケイパビリティとデジタルトランスフォーメーション

P1

2021年1月22日 (金)

日経ビジネスの「ダイナミック・ケイパビリティ論」連載 第3回目

日経ビジネスの「ダイナミック・ケイパビリティ論」連載 第3回目

 

今回は日米独組織を比較し、ダイナミック・ケイパビリティと相性の良い日本型組織が、「働き方改革」によって硬直化する可能性があることを説明しました。

 

危ない「働き方改革」、実は変革に向いた日本の組織

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00133/011900003/

 

Pf_20210122102201

2021年1月19日 (火)

行き着くところはゲシュタルト心理学

  ドラッカーが、モダンの後にくるポストモダンを特徴づけるために、依存しようとしていたのは、モダンの象徴であるデカルト流の世界観を批判して登場したゲシュタルト心理学である。

 

  フランクフルト学派もまたデカルト的な世界観を批判して弁証法へと進み、ゲシュタルト心理学と関係してくる。

 

  さらに、ポパーもゲシュタルト心理学を認める。

 

 結局、行き着くところはゲシュタルト心理学のようである。

 

 つまり、全体としての形態(ゲシュタルト)は部分の総体ではない。一つひとうの音を聞いても、メロディー(短調や長調)は理解できない。逆に全体としてのメロディーによって一つひとつの音の良さが引き出されるという。

 

 ドラッカーによると、組織も同じなのである。したがって、新古典派の労働市場などによって、組織などは到底理解できないのである。

2021年1月15日 (金)

日経ビジネスでのダイナミック・ケイパビリティ論 第2回目

 日経ビジネスでのダイナミック・ケイパビリティ論の連載の第2回目。

 今回は、少し理論的な内容です。菊澤ゼミの学生には、すでにお馴染みのものですが、ダイナミック・ケイパビリティ論を経済学的に説明してみました。「ダイナミック・ケイパビリティの経済学」と呼びうる内容です。

 昨年末に発行された「三田商学研究」の堀越先生の退官記念号に、もっと詳細な論文を書いているので、そちらも関心があれば、読んでみてください。

 ダイナミック・ケイパビリティ論をより理論的に理解には絶対に役立つと思いますので、ぜひ一読をお願いします---

合理的に失敗する閉じた組織、合理的に変革に向かうオープンな組織

 

第2回 ダイナミック・ケイパビリティ論

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00133/011300002/

第1回 ダイナミック・ケイパビリティ論

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00133/122500001/

P2

2021年1月12日 (火)

「週刊新潮」佐藤優さんとの対談記事 ネット公開

週刊新潮」での佐藤優さんとの対談記事がネット公開されました。関心があれば、一読ください。

 

人間は「合理的」に行動して失敗する――菊澤研宗(慶應義塾大学商学部教授)【佐藤優の頂上対決】

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/01120555/?all=1

 

Img_2078

2021年1月 7日 (木)

「日経ビジネス」で、拙稿の「ダイナミック・ケイパビリティ」の連載が始まる

「日経ビジネス」で、ダイナミック・ケイパビリティについての私の連載が始まりました。関心のある人は、ぜひ一読してください。紙媒体の方は、1月11日発売「日経ビジネス」となります。最初は、不条理論から初めて、今後、不条理の解決案としてダイナミック・ケイパビリティ論を展開していきます。

●「日経ビジネス」のサイト

第1回 ダイナミック・ケイパビリティ論

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00133/122500001/

第2回 ダイナミック・ケイパビリティ論

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00133/011300002/

Pf

 

 

2021年1月 5日 (火)

日本政府、組織の不条理

ガダルカナル戦のように、逐次投入して撤退しないオリンピック。

 

インパール作戦のように、必ず失敗するといわれて強行したGoToキャンペーン。

 

そして、学徒出陣のように、医療現場崩壊で投入される院生・学生。

 

陸海軍の対立のように、政府と東京都の対立。

 

個別合理性、目先の合理性、形式合理性を追求し、合理的に失敗している。

 

 

 

まさに組織の不条理である。

 

Photo_20210105145401 Photo_20210105145402

«マルクスの再評価の動きについて

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31